yukimatsushita.com

姫路美容師 松下祐貴のブログ 

*

【縮毛矯正する人向け】縮毛矯正ってまっすぐでツヤツヤになるけど気をつけないと髪、死にます。

   

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク



髪、死にます…ってちょっと衝撃的なタイトルですよね。きれいに施術すればそんなことはないのでご安心を!

ただ気をつけて欲しいポイントはいくつかあるのでそこだけ知ってれば髪のダメージ度合いも変わってくると思います(^ ^)

縮毛矯正してる方、これからする方は知っといて損はない筈!

先にお客様のご紹介を。

縮毛矯正のお客様でした。

根元の癖が5〜6センチほどでてきてたので根元部分のみのリタッチ矯正できれいに伸ばさせていただきました。

ビフォーはないので…はい、仕上がりドン!

wpid-20150805_182511.jpg

サイドは少し前上がりのラインでカットして毛先が内に向かって入り込みやすいように。
wpid-20150805_182459.jpg

定期的に矯正をしてるので中間から毛先は全然ストレートがのこってる状態だったので根元のみのリタッチで。

これで十分お手入れもしやすくなりますね(^ ^)

縮毛矯正の注意点とは…??

縮毛矯正はサラサラになってツヤもすごくでるので髪が痛んでないと思うかもしれませんが気をつけないと実は結構なダメージが伴う施術になります。

ストレートのお薬で髪を柔らかくした状態で180度前後の熱のアイロンを通していくと髪の中でタンパク質が熱で変性して固まります。これでまっすぐの形をキープして髪の表面を平らにして光の反射をよくすることでツヤもでます。

まっすぐになって、ツヤもすごくでる。…これだけ聞くとすごく良い風に聞こえてしまいますがやはりデメリットも…。

縮毛矯正する上でそのデメリットも把握しておくことでこれからの選択肢も変わってくるかもしれません。

一度矯正すると…

一度180度前後で髪を熱変性させてしまうと元の状態に戻ることはありません。

よく例えられるのがなんですが…何もしてない状態の髪が生卵。生なのでプルプルで形も変わります。そして熱をあてて矯正をかけた髪がゆで卵。白身も黄身も固まって動かない状態です。そして生卵の状態に戻すことはできません。髪も同じです。

なので一度矯正をかけた部分はきれいにかかっていればかけた部分は半永久的にそのままになります。

そこから新しく生えてきた地毛は自分の元の髪が生えてくるので皆さん大体それが気になって3ヶ月〜6ヶ月ほどでまた矯正をするんですが…。

その時に一度かけた部分はもうかけない。

一度かけた部分は癖がもどってきてなければまたかけ直す必要はないと思います。

また薬をつけてダメージになるのと熱アイロンを更に通すと髪は熱でどんどん硬くなりシャキンとしたまっすぐ動きの無い毛先になってしまいます。

なので僕は基本、矯正は根元の伸びている部分だけしかかけないです。

wpid-20150814_160153.jpg

この辺はいろんな美容師さんがいていろんな考えがあるので必ずしもこれが正しいというわけではないので僕の考えはコレって感じです。

そして何度も矯正をかけた髪は…。

パーマがきれいにあたらない。

矯正で何度も毛先までかけている髪は見た目とは裏腹にダメージがかなりある状態になってるのと熱でタンパク質が固まっている状態なので固まった状態のタンパク質をパーマで曲げるのが難しくなります。方法がないわけではありませんが僕はオススメしてません。

まだ毛先だけワンカールで、とかゆるいパーマならできる場合もありますがウェーブで動きをだしたい、になってくるとコレは辞めた方がいいです。ジリジリのダメージ毛になるだけなので僕はこの場合はその施術はお断りさせていただいてます。

なのでこの先パーマをあてるかどうかなども考えて毛先までの矯正は考えた方がいいのかなと思います。

もしどうしてもかけたい!って方はデジタルパーマでかける方がいいです。なぜならデジパも同じく熱を使うからです。

熱で固めた髪は熱で固める。 ってことです。ゆで卵→カチカチの目玉焼き …の様なイメージでしょうか。

まぁ、あまりオススメしませんのであしからず。

動きつけるなら面倒かもですがコテで巻くのが一番いいです。

そしてもうひとつ…

カットした毛先は硬く動きがでない。

まっすぐで固めた髪はカットしても矯正がかかっている部分で切るとやはりまっすぐなので…バッサリカットする!という方は毛先が柔らかさがでにくいです。バツっとした硬い質感の毛先になります。

なのでミディアム〜ロングからのショート〜アゴくらいのボブなど、バッサリカットなどは担当の美容師さんとよく相談してカットした方がいいです。

柔らかい丸みのあるシルエットになると思って切ってもらったのに毛先がピンとまっすぐで雰囲気が全然違う!ってことにもなりかねません…。

矯正を毛先までかけている方はその辺を交えて担当の方と毛先まで矯正をかけるのか根元だけでいいのか、ヘアスタイルをどうするかを相談してみると失敗が少ないと思います。

全体の癖が活かせそうなら前髪だけとか顔周りだけとかのポイントでかければ全体の髪の柔らかさは維持できるのでオススメです。

縮毛矯正される方へ

梅雨時期から夏の間にかけて湿気が多く、自分自身の汗の湿気などでも癖が広がってしまう季節ですよね…。

僕自身天然パーマなので癖毛の気持ちはすごくよくわかります…朝起きて湿気が多い日のテンション下がり様などそりゃあもう…w

もちろん今書いた事はすべての髪質の方にあてはまるわけではないのですが注意点として知っておくという事が大事です。

今回はデメリットに焦点をあてて書いていますがメリットもあるわけで…その辺はその人の髪質や価値観で色々変わってくるので一概には言えませんが。

今年は梅雨時期から矯正をされるお客様も多かったのでこんな記事を書いてみました。

これからの髪を綺麗にするのに少しでも参考になれば幸いです。

 

少しでも参考になった、自分のお客様にも同じ事が…って方がいればシェアしていただければ嬉しいです!

ではまた〜(^ ^)

 

 

 

wpid-20150805_182335.jpg

Mさんありがとうございましたー!

スポンサーリンク



LINE@やFacebook、Twitterなどなど各SNS でアフターフォローや質問なども受け付けてますのでお気軽に申請、フォロー頂けると嬉しいです(^^)♪ LINE@でのご予約、質問はこちらから友達追加できます♪ LINE@はこちらからは誰が登録したかトークをお客様から開始してもらうまでわかりません。 プライバシーも守られてますのでお気軽に登録してみて下さいね(^_^) mercのライン@はこちらから↓ 友だち追加 松下祐貴のFacebookはこちらから
Twitterはコチラをポチッと。

インスタグラムはヘアスタイル作品を中心に載せてます♪
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

松下 祐貴

兵庫県姫路市の姫路城の近くで美容師をしてます。 髪を柔らかく見せるカットカラー,スタイリングが得意です。 ブログでは普段の仕事内容から役に立つ美容記事、プライベートの事まで色々と更新していきますので参考にしてもらえれば嬉しいです。 LINE@の友達追加で髪のご相談やご予約などもお気軽にどうぞ! LINE@ID:@nbr8889c  

 - お客様スタイル, ヘアスタイル, 美容記事